普通の日記(自分の記録)


by momotiki410
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

勉強になります。。。

今朝は4時半に師匠と一緒に出撃!!

もちろん裏磯です。  

雨の中、暗い磯に到着すると先行者は2名。
f0150151_13291349.jpg

とりあえず、自分たちはとなりの磯へ。

単発ですがボイルが見られたのでまずはトップから。 そしてミノーへ。

しかし、反応はなし。。。。

バイブレーションに変えて中層、そして底からと探っていきましたが。。。。反応はなし。

この時点では師匠も反応はなし。となりの磯でも角でソーダが一匹上がったくらいで渋い状況。

その後もペンシルやワインドまで使って色々とやってみるが。。。。。。反応はなし。

誰も入っていないとなりの磯の前では単発のナブラがチョコチョコと出るのでペンシルやジグを通すが空振り。。。

う〜ん。。。。。あきらめ気味になってきたころ  (-"-;A ...

となりの磯をチェックしに行った師匠が何かを上げた!?

すると師匠がこっちの磯に来い!! と手招きしているので

行ってみると

魚が付いているのはシラスを少し大きくした小さいベイト。
なので9センチオーバーの大きいシルエットのルアーには反応しないとの事。

師匠はすでにイナダを上げていて、さっきはシーバス(フッコ)も1匹バラしたみたい。

そこで師匠から小さいペンシルを借りてキャストし始めると、師匠がイナダを追加!

自分も活性が上がってキャストし続けるも。。。。。。。。

。。。。。


。。。。。



その後は師匠も含めて反応はなくなってしまい     時合は終了みたい。。。。(T△T)

そして、予定していた時間になり。。。。タイムアップ

もう少し早くルアーサイズに気がついていたら自分も獲れていたのでは。。。。残念  (-。−;)

終了30分前くらいの出来事でした。



今日はイナダからシーバスまでが小さいベイトに付いて回っていたらしく

師匠が釣ったイナダの腹からはやはり3〜5センチくらいのシラスが大量に出てきました!

それに気が付く師匠は流石です。

今日は師匠にここの根の張り出し方や地形。そして、バイブレーションのリフト&フォール、ジグのしゃくり方など色々と教えてもらって

魚は釣れない上に雨の中の厳しい釣行 (>< )  となりましたが、自分的には大きな収穫がありました (^^)

f0150151_13292456.jpg


次回は今回の釣行をふまえて、やってみる事がたくさんあります。がんばりますよ〜!!
[PR]
by momotiki410 | 2009-10-02 13:37 | 釣行記